ロゴ
HOME>特集>早めの相談が競売を回避する!任意売却のメリットを知ろう

早めの相談が競売を回避する!任意売却のメリットを知ろう

男女

任意売却と競売の違い

住宅ローンのシステムには厄介なところがあって、残債があると、自分が家の名義人なのに売却が制限されることがあります。その制限があっても、問題なく売却できるようになるのが、任意売却と競売の二つの方法です。この二つはどちらを選んでも同じではなく、圧倒的に競売のほうが不利なので、必ず避けるべきといっても過言ではありません。競売は名義人の意思は関係なく行われるもので、自分から売るというよりも、自宅を奪われるといったほうがよいくらいです。もちろん、安い値段での取引になるので、納得できない気持ちになる可能性が高いでしょう。しかし、任意売却は自らの意思で行うもので(専門家に相談すれば代わりにやってもらえます)、適正価格で売却できる確率が高いため納得して自宅を明け渡せます。

男女

任意売却のメリット

任意売却が競売よりも優れているポイントはいくつもありますが、やはり金銭面でのメリットはとても大きいです。高値で売れるので住宅ローンの残りが競売よりも減りますし、専門家に相談すれば交渉してくれるので、残りのお金を分割払いにできます。そして、住宅ローンが支払えずに自宅を手放すことになった事実が、周りの人間に知られないのも大きなメリットです。競売の場合は一般公開されるため、自分と家族の仕事や学校の関係者に知られてしまう可能性があります。お金に問題があった事実は、よくないイメージを持たれるので、人間関係にマイナスになってしまうかもしれません。しかし、任意売却は普通の不動産売却と同じなので、お金の問題があったとは思われないため安心して利用できます。