ロゴ
HOME>クチコミ>不動産購入の失敗を防ぐ【後悔しない物件の選び方】

不動産購入の失敗を防ぐ【後悔しない物件の選び方】

男女

住宅診断を受けている住宅だと耐震強度やリフォームの有無などをチェックしやすいです。不動産会社へ住宅診断の有無を確認できます。また、購入前には時間帯を変えて、何度か内覧に行くと良いでしょう。

この話題の口コミ

時間帯によって内見するのは大事

長岡京市に住宅を購入しようと思いましたが、親戚や会社の先輩などで住宅を買って後悔したという人達がいたので、そうならないためによく考えて買うようにしたのです。特に大切だと思ったのは買う前に自分の目でその不動産の様子をチェックするということですが、これは1度だけでは不十分だと感じ、色々な時間帯に行くようにしました。様々な時間に行くとその時々の部屋の日当たりの様子や外から聞こえる騒音の大きさなどを知ることができ、その住居の特徴を掴みやすくなったのです。また、最寄りの駅から歩いたり周辺の様子を見たりしたので、このようなことに関しても住みやすいかどうかをしっかりと考えることができました。結局このようにして今の家を購入し、満足できる生活になっているので、何度も内見をして良かったと感じています。
[20代|男性]

住宅診断の有無は確認しておいた方が良い

不動産の購入の際はその特徴や欠陥の有無について知ることが大切で、これを正確に知るにはプロの住宅診断士のチェックが必要だと感じていました。そこで、たくさんの不動産会社のある長岡京市で複数の住居を見に行くときに、住宅診断をしているかを聞くようにしてそれができているところを選んだのです。その結果耐震性が高く適切なリフォームをしている家を見つけることができ、それが住宅診断でも証明されているということで安心して購入することにしました。素人が見て良い状態だと感じても実はそうではないこともあるので、やはり住宅に精通したプロの診断を受けていたり、それが可能であるところを選んだりすることが大切でしょう。ですから、不動産を買いたいと思う場合には住宅診断のことを良く考えて、不動産会社に質問や相談をしてみた方が良いと思います。
[50代|男性]