ロゴ
HOME>クチコミ>任意売却の支援をしてもらった人の嬉しい声をご紹介

任意売却の支援をしてもらった人の嬉しい声をご紹介

女性とPC

任意売却とは、不動産会社が仲介となって、債務者と債権者と調整を行ない、債務者の所有する不動産を売却することをさします。競売に比べると不動産を高めに売ることが可能です。今回は、実際に任意売却を行なった人の声をお届けします。

この話題の口コミ

わからない部分も丁寧に教えてくれました

任意売却という不動産売買に詳しくなかったので、費用もどれくらいかかるのか想像もできず、不安な部分でした。結論は、個人の不動産問題を支援してくれる業者に相談したところ、不安を払拭できました。現金の負担がないとは聞いていたのですが、任意売却を専門会社に依頼すると、仲介手数料が発生することも知りませんでした。管理費なども滞納している状態でしたから、そのままの引き渡しができるのかも教えて頂きました。引き渡しは可能でしたが、買主側の負担になるので、できるなら、滞納金を解消することが無難との話しでした。また、抵当権を抹消しなければならず、そのための抹消登記費用も個人の負担になるそうで、登記の専門家となる司法書士も紹介して下さり、大変助かりました。他にも、住民票や印鑑証明書などの取得費用なども個人持ち、相談のための交通費も負担になりますから、無料で相談できる支援所を活用することも教えて頂けました。
[30代|女性]

固定資産税とかもフォローしてくれて助かった

恥ずかしながら、任意売却にあたって、固定資産税も滞納していたためにどうなるのか、専門家に支援をお願いしました。住宅ローンの支払いを滞納・延滞した挙げ句の果てに、固定資産税などの支払いも延滞していました。担保不動産に差し押さえの登記が入っていない場合に、滞納分の固定資産税が支払われるとも聞いていたのですが、情報も不確かでした。自分の場合には、税金滞納があって、差し押さえ登記がされていて、相談したところ、滞納金の一部が支払われる話しが出たので、ホッと胸をなで下ろすことができました。債権者の合意が必要になりましたが、差し押さえ解除の交渉は、任意売却の担当者に任せることができ、フォローして頂けたことは正直、助かりました。債権者が応じてくれなければ、任意売却も成立しなかったでしょうし、売却した代金から固定資産税の滞納分を控除経費として認可してくれるなんて、本当に有り難い話しです。もちろん、過度の期待は禁物ですが、知識が無い分、こうして手続きから交渉まで一任できることで、自分自身救われたのは確かです。
[40代|男性]